害虫や害獣を駆除して快適生活を取り戻そう。

Pesticides

ハクビシン対策

ハクビシンの住処

killing insect

ハクビシンは害獣の一つで、住宅それも野山に近いような場所でよく見かけることがあります。厄介なのは、このハクビシンは断熱材をかじってその場所をねぐらにすることがあるということです。つまり、最近新築の住宅等で、屋根裏や床下に断熱材を敷き詰めている住宅にあっては、突然その断熱材の効果が得られなくなることがあります。調べてみたら、その断熱材をハクビシンがかじっていて、ねぐらにしていたということがあるわけです。ハクビシンがさらに嫌われるのは、においが強烈で非常に悪臭を放つということで、その匂いが家屋などで漂うがために発見されるケースもあるとされています。いずれにしても、そのまま寝床にされては生活面で安心して送ることが出来なくなってしまいます。

有効な対策

ハクビシンを住宅に寄せ付けない対策は、入れるスペース自体をなくしてしまうことです。たとえば空気を取り入れる空気口の部分を格子にしてしまうとか、物理的に入り込めないようにしてしまうことで、住宅への親友を防ぐことが可能です。その他に対策としては、近隣住宅でも被害が出ている場合には、地域でハクビシン対策として駆除に乗り出すことが挙げられます。害獣駆除の専門家に依頼し、いい対策方法がないかどうか確認するとともに、ハクビシンが入り込んできそうな箇所をふさぐことがまずは必要です。その他にも、近隣で餌になるそうなところがあれば、そこを排除することも有効な手段となりますし、地域ぐるみで駆除をしていくことを考えなければ被害は減少しません。